notes11

1 折口信夫「海やまのあひだ
「こういう心の世界を詠んだ短歌を、私は古典の中にも近・現代の作品の中にも見たことがない。釈迢空・折口信夫がどれほど特異な旅を体験し、その旅の体験からかすかで幽暗な日本人の伝承的感覚を、旅のしらべの上にどのようにしてみちびき出していったかということを、考えずには居られない気持ちになる作品である。この歌を含む「島山」一連の中には、次のような迢空の代表作と言われる作品が収められている。

葛の花 踏みしだかれて 色あたらし。この山道を行きし人あり
谷々に、家居ちりぼひ ひそけさよ。山の木の間に息づく。われは
山の際の空ひた曇る さびしさよ。四方の木むらは 音たえにけり
この島に、われを見知れる人はあらず。やすしと思ふあゆみの さびしさ
ひとりある心ゆるびに、島山のさやけきに向きて、息つきにけり
もの言わぬ日かさなれり。稀に言ふことばつたなく 足らふ心
いきどほる心すべなし。手にすゑて、蟹のはさみを もぎはなちたり
沢の道に、ここだ逃げ散る蟹のむれ 踏みつぶしつゝ、心むなしもよ

白秋が命名した、「黒衣の旅びと」のひそかな息づかいが、一首一首に刻まれている。しかしこういう歌と比べても、一連の最後に置かれた鶏の子の二首の歌は、格別な心の境地に踏みこんでいると思う」岡野弘彦「折口信夫伝」

2 レイモンド・チャンドラー「プレイバック」
この後の25章で、マーロウがおなじ彼女に言ふ台詞
「タフでなかったら、生きては行けない。優しくなれなかったら、生きていく資格がない」は、コマーシャルに利用され、あまりにも手垢にまみれてしまつた。
「タフ」は原文では「hard」であり、抜け目ないと言ふ意味に近いさうである。

3 九鬼周造「音と匂」
「人間は偶然に地球の表面の何処か一点へ投げ出されたものである。如何にして投げ出されたか、何処に投げ出されたかは知る由もない。ただ生まれ出でて死んで行くのである。人生の味も美しさもそこにある。これが、偶然であり、「いき」なのである。
*中略*
九鬼の大好きな言葉でいえば、「可能が、可能の、そういうふうになるところ」という彼方だ。そこはもとより寂しくて、恋しいところではあるけれど、だからこそ、どこよりも「いき」で、「粋」なところなのである」松岡正剛「千夜千冊」

シューマン「幻想小曲集作品12〜1夕べに」

4 藤原良經「秋風のすみか
生けらばと誓ふその日もなほ来ずば辺りの雲をわれと眺めよ
後の世をこの世に見るぞあはれなるおのが火串を待つにつけても

「その日が来ることを良経はもとより期してはいなかつた。しかしさもあろう。照射の松なる火串にさえ死後を見た彼に、生きて逢ういかなる恋が考え得たろう。かつて「後の世を此の世に見」た者には「なほ来ずば」の仮定もそのまま既定事実に等しい。未来すら彼にとつては半過去であり、生きていることはいつの日からか亡き後の春秋をたしかめることに変わっていたのだ」
塚本邦雄「藤原良經」

フランツ・リスト エステ荘の糸杉に、第一番(巡礼の年、第三年)第二曲

5 竹内まりや「みんなひとり」
Everybody needs to be needed
Everybody wants to be wanted
'Cause everybody knows that we are all alone
*snip*
作詞・作曲、竹内まりや

6 シューベルト歌曲「さすらい人」
シューベルト「さすらい人」D493、1916年。
この歌曲の一部から、幻想曲ハ短調さすらい人」D760 作品15の第二楽章変奏曲の主題とした。
あの人のゐないところ、そこにこそ幸せがあるのだ。

7 江國香織「神様のボート」
「ヴァルダロの恋人たち」と呼ばれる男女の化石について。
2007年、北イタリアのマントバ近郊で、抱き合つたままの男女の化石が発見された。およそ5000年から6000年前に埋められたものと推定され、ほぼ完全に近い形で残されてゐる。

8 馬場あき子「君がまだ知らぬゆかたをきて待たむ風なつかしき夕べなり」
「きみがまだ知らぬゆかたをきて待たむ風なつかしき夕べなり」
おとこ共には想像しただけでもたまらない情景であらう。私ならこの場合、彼女にカンチューハイで、もてなされるのはご免かうむりたい。馬場あき子には、「鬼の研究」という名著があり、最近では自身青き精神の鬼と化したやうだ。

9 T.カポーティ「うつくしい子供
時は1955年4月28日
ニューヨーク・シティ、ユニヴァーサル葬儀場の教会堂でのコリアー女史の葬儀に列席し、トルーマン・カポーティとマリリン・モンローは、彼女の好きなサウス・ストリートへタクシーで乗りつけた。
「マリリン『あたしがどんな女か、マリリン・モンローは本当にどんな女か、そう人に訊かれたら、ねえ、なんて答えるつもりなのってきいたのを覚えてる?』(彼女の口調はからかうようであり、馬鹿にするようでもあったが、真剣みがあった。本音を訊きたかったのだ)『あたしはとんまだって言うんでしょうね。お菓子のバナナ・スプリットみたいだって』
カポーティ『当然ね。だけど、それにつけたして…』
(あたりは暗くなってきた。彼女は空や雲とともに闇にまぎれ、空や雲よりも遠ざかって行くように見えた。私はカモメの鳴き声よりも大きな声を出して彼女を呼び戻したかった。マリリン!ねえ、マリリン、何もかにもがなんで決まりきったように消えてなくなるのだろうか。人生ってなんでこんなにいまいましく、くだらないのだろうか、と)
カポーティ『えーとね』
マリリン『聞こえないわよ』
カポーティ『えーとね、きみはうつくしい子供だとね』」 T・カポーティ「うつくしい子供」

10 壇一雄「モガリ笛」
モガリ笛
いく夜もがらせ
花ニ逢はん
能古島にある壇一雄文学碑碑文。

石の上に雪を
雪の上に月を
やがてわがこともなき
静寂の中の憩いかな

柳川市福厳寺の墓の墓碑銘。

もがり笛眠りに落ちる子供かな 虚子

11 丸谷才一・文藝評論集「梨のつぶて」から「吉野山はいづくぞ」
沖津かぜ西吹く浪ぞ音かはる海の都も秋や立つらん

「西吹く浪ぞ」にとらはれてはいけない。第二句を二つに分けて第一句と第三句につけ、『沖津かぜ西吹く、浪ぞ音かはる』と考へればわかりやすい。

一首は、和歌が亡んだゆゑ実は都でなくなつた都に秋が立つ日に、今となつては真の都である虚構の都の秋を思ひやるといふ屈折した構造になつてゐる。当然その嘆きの声は、『沖津かぜ 西吹く 浪ぞ 音かはる』と嗚咽のやうにきれぎれに響いてから、下の句の淀みない、しかし奇妙に哀切な調べに変る。これもまた『新古今集』の切れの多い詠みぶりを極限にまで追ひつめた姿であつた。応仁の乱がはじまるのは正徹の死後八年のことである。 丸谷才一「新々百人一首」

12 永井荷風「『あめりか物語』・六月の夜の夢」
「自分は初めて空想から覺め足早に岡を超て、曲りくねつた草徑をわが家の方へと辿つて行つたが、すると突然四五間先に動いて行く眞白な物の影を見た、……小作りな女の後姿である。
snip
女の姿は一度草徑の曲る處で、其の身丈(せい)よりも高い雑草の中に隠れたが、同時に何か口の中で歌ふ歌が聞えて、遂に其の行き盡した處は意外にも自分の泊つて居る家の前であつた。
snip
この女こそかの歌の主、この女こそ自分が今忘れやうとしても忘れられぬロザリンである」

〈宿の妻に紹介され、主人公は彼女と交際を深めていく。だがやがて別れの時至り、思ひを残しフランスへと旅立つ〉

「突然上甲板の方に人の騒ぐ聲が聞える。ル・アーブル港の燈火が見え始めたのだと云ふ。自分は遂にフランスに着したのだ。然しこの止みがたき心の痛みを如何にしやう。自分は思ひ出すともなくミユツセがモザルトの楽譜に合せて作つた一詩…
『思ひ出でよ。もし運命の永遠に、我を君より分ちなば、我が悲しき戀を思ひ出でよ。別れし折を思ひ出でよ。心の響き消えざらば、とこしへに心は君に語るべし、思ひ出でよ思ひ出でよと』
心の中に口ずさみながら初めて見るフランスの山に自分は敬意を表する爲めにと、一歩一歩甲板の方に歩いて行つた。
『思ひ出でよ。冷き土に永遠に、わが破れし心眠りなば、思ひ出でよ。淋しき花の徐に、わが墳墓に開きなば、君は再びわれを見じ。されど朽ちせぬわが魂は、親しき妹が如くに、君が傍に返り來ん。心澄して夜に聞け。ささやく聲あり、思ひ出でよと』」

「モザルトの楽譜」とは、モーツァルトのどの曲なのだらう。誰かをしへてくれないか。

13 ノアイユ夫人〈西班牙を望み見て〉 訳・永井荷風

荷風の〈珊瑚集〉は、〈海潮音〉と並び称される名訳詩集であるが、ここに掲げた一篇は特に傑出した出来で、〈海潮音〉にはこれに及ぶものはひとつもないと思う。訳詩というものは変なもので、原詩を仮りた創作の働きがなければ詩にならない。
この訳詩でよろしいのは息の長い声調と、つぼにはまった語彙の用い方で、ちょっと真似のできない凄艶な趣を呈している。荷風の審美眼、言葉に対する感覚の上等さを思うべきだ。明治大正の文語詩の中で、最も美しいのはどれかと尋ねられたら、私はためらわずこの訳詩一篇をあげたい。文語詩は声調をもって第一とする。このような纏綿として気品ある情調は、よくこの一篇のみが達し得たところだと私は考える。渡辺京二

14 バッハ「マタイ受難曲」

「数え年で、昔風にいえばこの正月(1975年)私は五十六才になった。私は観相をするが、多分じぶんは五十八で死ぬだろうと思う。あと二年。その為かちかごろレコードをかけていても、死んだ時のことを考える。死後のさきはわからない。息をひきとったあと、通夜から葬式まで、枕もとに座った家内や娘の光景を想う」

五味康祐、昭和五十五年四月死去。享年五十八才。最後に聴いた曲は、ベートーベン:ピアノソナタ作品111。

「今、われわれは神をもつことができる。レコードの普及のおかげで。そうでなくて、どうして〈マタイ受難曲〉を人は聴いたといえるのか」

tophello 11
home
gallery11