尾崎亜美「ボーイの季節」

夜はやさし 0 ナイチンゲール
boy


年どしに 思ひやれども 山水を汲みて遊ばむ 夏なかりけり 明治天皇御製

このうたが、めについていらい、あたまから離れない。私が少年だつたときに、毎日のやうにあそんだ沢の水辺に、行かなくなつてから何年になるだらう。
思い出にふけつているうちに、なんと松田聖子の「ボーイの季節」と結びついてしまつた。

ボーイの季節

*snip*
夢よいかないで
Please don't take my dream
強い風が吹く丘で
少年の頃に見た
夏に逢える

強い風が吹く丘で 小年の頃に見た 夏に逢える
このフレーズに強く引きつけられたのであらう。ここにある丘の上で、赤いスニーカーをはいて疾走したところで、過去には追いつけまい。過去はいつでも背中を見せて、遠ざかつていく。

いいえ 笑ったりしないけど
大きな背中のあなたは Boy
赤いスニーカーはいたのに
どうしてあなたに
追いつけないの
時よいかないで
Keep me , summer time
あなた遠くを見てるの
妬けるほど熱い眼を
夏に向けて
*snip*

tophello13notes13
home
notes13
gallery13