フィッツジェラルド「グレート・ギャツビー」

煉獄の秋   プラ・マシュカー・メウ・コラソン
グレート・ギャツビー

彼は長い道のりをたどって、この青々とした芝生にようやくたどり着いたのだ。夢はすぐ手の届くところまで近づいているように見えたし、それをつかみ損ねるなんて、思いもよらなかったはずだ。その夢がもう彼の背後に、あの都市の枠外に広がる茫漠たる人知れぬ場所にー共和国の平野が夜の帷の下でどこまでも黒々と連なりゆくあたりへとー移ろい去ってしまったことが、ギャツビーにはわからなかったのだ。ギャツビーは緑の灯火を信じていた。年を追うごとに我々の前からどんどん遠のいていく、陶酔に満ちた未来を。それはあのとき我々の手からすり抜けていった。でもまだ大丈夫。明日はもっと速く走ろう。両腕をもっと先まで差し出そう。…そうすればある晴れた朝に、ー
だからこそ我々は、前へ前へと進み続けるのだ。流れに立ち向かうボートのように、絶え間なく過去へと押し戻されながらも。

homegallerynotes
home
notes14
gallery14