ロス・マクドナルド「縞模様の霊柩車」

優しき歌   マチルデの夢
縞模様の霊柩車
「戻ってくるとその女が事務所のドアの前で待っていた。あまり化粧とマッチしない服装で、歳は私と同じくらいだろうか。自分の趣味を心得た男が歳をとるにつれて、その趣味に合う女性もまたふけてゆく。困ったことに、そういう女性の大半は人妻なのである」
homegallerynotes
home
notes5
gallery5